来たる戌年を楽しいものにしてくれそうな一冊『ゆる犬図鑑』

2017年11月24日

こんにちは。スタッフ押川であります。

お得意さまから頂いたご注文によりその本のことを知り、それを自分も読みたくなってついつい買ってしまう・・・そういうことがわたしにはしばしばございます。『ゆる犬図鑑』(フェネラ・スミス&マクラウド兄弟著、梶山あゆみ訳、飛鳥新社)も、その一冊です。

誰もがよく知る犬種から知る人ぞ知る犬種、さらにはキツネなどの「野生の犬」まで、148種の犬たちをイラストと短文で紹介する一冊です。
独特のデフォルメによる線画で描かれた一種一種のイラストが実に愛嬌たっぷりで、見ていると顔がほころんでくるような気分になってきます。

たとえば、おなじみダックスフント。「この犬をドアの下に置くと、すきま風が絶妙に防げる」という文章に添えられたイラストには、ドアの前で腹ばいになっている、ちょっと困り顔したダックスの姿が。また、優美な長い毛が特徴であるアフガン・ハウンドは、頭にいっぱいカーラーを巻いた姿で描かれていたり、フランスではサーカスにも出演させていたというプードルは玉投げの曲芸をしている姿だったり。どちらかといえば犬よりも猫派、というわたしではありますが、本書で描かれる犬たちの愛らしい姿には和みまくりでした。
日本を代表する犬種である、秋田犬と柴犬も登場しています。正直なところ、この2種のイラストは似ているとは言いがたいのですが(笑)、それはそれで可愛らしくていい感じなのであります。

イラストに添えられた短い文章には、それぞれの犬種の持つ特徴が簡潔に記されるとともに、その特徴にひっかけた気の利いたジョークが織り込まれていて、これがまた読んでいてニンマリとさせられるのです。
古代エジプトの墓にも彫刻として描かれているファラオ・ハウンドの紹介文には、「象形文字がすらすら読める特技を活かして、忘れられた言葉を学校で教えている」とあり、イラストには指示棒片手に象形文字を教えているファラオ先生の姿が。また、フランス生まれでチョウを思わせるふさふさ耳がチャームポイントのパピヨンを紹介した文章には「晴れた日には、パピヨンがエッフェル塔のまわりを飛びまわっているのが見える」と書かれていたりします。それぞれの犬たちの個性や特徴がジョークによって一層引き立つ形になっていて、まことに上手いなあと感心しきりでした。
さらに、本書には犬の仲間ではないヤツも2種、紛れ込んでいたりします。そのうちの1つである猫のセリフもまた、実に愉快なのであります。

可愛らしくてニンマリ笑える絵本としても楽しめる本書ですが、いろいろな情報がしっかり盛り込まれているのもありがたいところです。
ドーベルマンはもともと、ドイツの税金徴収官が税金を滞納されないようにしたいと考えてつくりだした品種であったということや、ポメラニアンはかつては北極地方でソリを引いていた大型犬で、品種改良により今のような小型の愛玩犬になったということを、本書で初めて知ることができました。図鑑としてもなかなか、役に立つ一冊です。
なにより、犬にはこれほど多くの種類があって、それぞれが実に個性的で愛すべき存在なのだ、ということがよくわかったのは、大きな収穫でありました。

そうそう。ちょっと早いのですが、来たる2018年は戌年。犬好きの方はもちろん、わたしのような猫派の方も、特にどちら派でもないという方も、本書で楽しい戌年をお過ごしになってみてはいかがでしょうか。

Posted from スタッフ押川

コメント(0)

■コメントする

月別アーカイブ

PAGE TOP