震災から7年・・・これからも末永く、多くの方につないでいきたい傑作『紙つなげ!』

2018年03月05日

こんにちは。スタッフ押川であります。

この本のことを、また多くの方に伝えたくなる時期がやってまいりました。ノンフィクション作家・佐々涼子さんの『紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている 再生・日本製紙石巻工場』(早川書房)。
7年前の東日本大震災による大津波により壊滅的な被害を受けた、宮城県石巻市の日本製紙石巻工場が、震災から半年後に奇跡の復活を果たすまでを綴った傑作ノンフィクションです。

長きにわたり、日本の出版を紙の生産によって支えてきた石巻工場。しかし、あの日の巨大津波により甚大な被害を受け、工場は閉鎖されるのではないか、と思う従業員もいたほどの絶望的な状況でした。しかし当時の工場長は、震災からまだ半年も経っていない段階、それも電気や水道などのインフラの復旧もままならない中で、工場復旧の期限を「半年」に区切る、と宣言します。
当の工場長も含めた誰もが不可能だと感じるような、途方もない目標。しかし、現場の人びとは一丸となって工場の復旧に邁進していきます。地元石巻の復興への願いと、日本の出版を支え続ける出版用紙の生産という仕事へのこだわりと誇りを胸にしながら。
そして、震災から半年後の9月14日、最初に復旧されたマシンが稼動する時を迎えたのです・・・。

まさに奇跡的といえる、絶望からの見事な復興へのドラマに、読みながら幾度も、目頭が熱くなるのを抑えられませんでした。工場の人びとの仕事へのこだわりと誇りが滲み出るエピソードやことばのひとつひとつも、胸を打つものがありました。
とはいえ、著者の佐々さんの筆致は、ことさら煽り立てるようなことをしません。工場の人びとや石巻の人びとが語った当時の記憶を、あくまでも淡々とした記述で記録することに徹する姿勢には、大いに信頼と好感を持ちました。

本書の終盤に綴られた感銘深い一節を、ちょっと長いのですが引用させていただきます。

「本が手元にあるということはオーストラリアや南米、東北の森林から始まる長いリレーによって運ばれたからだ。製紙会社の職人が丹精をこめて紙を抄き、編集者が磨いた作品は、紙を知り尽くした印刷会社によって印刷される。そして、装幀家が意匠をほどこし、書店に並ぶのだ。手の中にある本は、顔も知らぬ誰かの意地の結晶である。
読者もまたそのたすきをつないで、それぞれが手渡すべき何かを、次の誰かに手渡すことになるだろう。こうやって目に見えない形で、我々は世の中の事象とつながっていく」

震災から7年。当時の記憶の風化も言われるようになっていますが、本書はこれからも末永く「たすき」として手渡されて、つながっていく一冊となって欲しいと、心より願っております。
ちなみに、2014年に刊行されたハードカバー版にも、そして昨年刊行された文庫版にも、日本製紙石巻工場産の紙が使われております。ぜひとも、その紙の風合いと感触を味わいながら、じっくりとお読みいただけたら、と思います。

Posted from スタッフ押川

コメント(0)

来たる戌年を楽しいものにしてくれそうな一冊『ゆる犬図鑑』

2017年11月24日

こんにちは。スタッフ押川であります。

お得意さまから頂いたご注文によりその本のことを知り、それを自分も読みたくなってついつい買ってしまう・・・そういうことがわたしにはしばしばございます。『ゆる犬図鑑』(フェネラ・スミス&マクラウド兄弟著、梶山あゆみ訳、飛鳥新社)も、その一冊です。

誰もがよく知る犬種から知る人ぞ知る犬種、さらにはキツネなどの「野生の犬」まで、148種の犬たちをイラストと短文で紹介する一冊です。
独特のデフォルメによる線画で描かれた一種一種のイラストが実に愛嬌たっぷりで、見ていると顔がほころんでくるような気分になってきます。

たとえば、おなじみダックスフント。「この犬をドアの下に置くと、すきま風が絶妙に防げる」という文章に添えられたイラストには、ドアの前で腹ばいになっている、ちょっと困り顔したダックスの姿が。また、優美な長い毛が特徴であるアフガン・ハウンドは、頭にいっぱいカーラーを巻いた姿で描かれていたり、フランスではサーカスにも出演させていたというプードルは玉投げの曲芸をしている姿だったり。どちらかといえば犬よりも猫派、というわたしではありますが、本書で描かれる犬たちの愛らしい姿には和みまくりでした。
日本を代表する犬種である、秋田犬と柴犬も登場しています。正直なところ、この2種のイラストは似ているとは言いがたいのですが(笑)、それはそれで可愛らしくていい感じなのであります。

イラストに添えられた短い文章には、それぞれの犬種の持つ特徴が簡潔に記されるとともに、その特徴にひっかけた気の利いたジョークが織り込まれていて、これがまた読んでいてニンマリとさせられるのです。
古代エジプトの墓にも彫刻として描かれているファラオ・ハウンドの紹介文には、「象形文字がすらすら読める特技を活かして、忘れられた言葉を学校で教えている」とあり、イラストには指示棒片手に象形文字を教えているファラオ先生の姿が。また、フランス生まれでチョウを思わせるふさふさ耳がチャームポイントのパピヨンを紹介した文章には「晴れた日には、パピヨンがエッフェル塔のまわりを飛びまわっているのが見える」と書かれていたりします。それぞれの犬たちの個性や特徴がジョークによって一層引き立つ形になっていて、まことに上手いなあと感心しきりでした。
さらに、本書には犬の仲間ではないヤツも2種、紛れ込んでいたりします。そのうちの1つである猫のセリフもまた、実に愉快なのであります。

可愛らしくてニンマリ笑える絵本としても楽しめる本書ですが、いろいろな情報がしっかり盛り込まれているのもありがたいところです。
ドーベルマンはもともと、ドイツの税金徴収官が税金を滞納されないようにしたいと考えてつくりだした品種であったということや、ポメラニアンはかつては北極地方でソリを引いていた大型犬で、品種改良により今のような小型の愛玩犬になったということを、本書で初めて知ることができました。図鑑としてもなかなか、役に立つ一冊です。
なにより、犬にはこれほど多くの種類があって、それぞれが実に個性的で愛すべき存在なのだ、ということがよくわかったのは、大きな収穫でありました。

そうそう。ちょっと早いのですが、来たる2018年は戌年。犬好きの方はもちろん、わたしのような猫派の方も、特にどちら派でもないという方も、本書で楽しい戌年をお過ごしになってみてはいかがでしょうか。

Posted from スタッフ押川

コメント(0)

NHK『100分de名著』で、わが座右の書『人生論』(バートランド・ラッセル)が取り上げられます!

2017年11月06日

こんにちは。スタッフ押川であります。

NHK・Eテレで放送されている、文学や哲学・思想などの古典をわかりやすく解説する番組『100分de名著』。今月はイギリスの数学者・思想家であり、アインシュタインとともに平和運動にも取り組んだバートランド・ラッセルの『幸福論』(安藤貞雄訳、岩波文庫)を取り上げるんだそうです。

実はこの本、わたしにとっては座右の書といってもいいくらい、お気に入りの一冊なのです。番組で取り上げられるということで、いまあらためて読み返しているところです。

「幸福論」と銘打った書物はいろいろとあるのですが、いささか説教くささのある宗教的なものや、もってまわったもの言いの哲学的・文学的なものが多かったりいたします(むろん、それらの中からも有益な知恵を汲み取ることはできるのですが)。それに対してラッセルの『幸福論』は、あくまでも「合理的・実用主義的(プラグマティック)な幸福論」(巻末の訳者による解説より)であるというところに、わたしは強く惹かれます。
合理的かつ実用主義的であるがゆえに、本書の語り口は実に明快で具体的。現代の日本に生きるわれわれも、ここから多くのヒントや知恵を得ることができるに違いないでしょう。

競争、疲れ、ねたみ、被害妄想、世評に対するおびえ・・・。現代人を悩ませ、わたし自身の心もしばしば苛んでいる、これら不幸の原因についての分析を読んでいると、原書が1930年に刊行されたものとは思えなくなってきます。
ねたみの結果期待される「公平」とは「不運な人たちの快楽を増すよりも、幸運な人たちの快楽を減らすことを旨としている」、ひいては「公的生活をも破壊するものである」と述べられているところ。また、「重大な問題でもささいな問題でも、他人の意見が尊重されすぎている」ことにより「自ら進んで不必要な暴力に屈」して「あらゆる形で幸福をじゃまされることになる」という記述。いずれも、今の日本の少なからぬ人びとが抱えている状況と重ならないでしょうか。

本書の後半で、ラッセルが幸福獲得の条件として強く説いているのが、「自分の殻に閉じこもらずに、外の世界に関心と興味を向けること」です。
「幸福な人とは、客観的な生き方をし、自由な愛情と広い興味を持っている人である」と定義するラッセルは、幅広い事柄へ関心と興味を向けることの効用を、随所で熱っぽく語っています。そのことばには大いに共感し、かつ励まされるところが多々あります。
中でもわたしが強く共感することばは、以下の2つです。

「人間、関心を寄せるものが多いほど、ますます幸福になれるチャンスが多くなり、また、ますます運命に左右されることが少なくなる。かりに、一つを失っても、もう一つに頼ることができるからである。」

「幸福の秘訣は、こういうことだ。あなたの興味をできるかぎり幅広くせよ。そして、あなたの興味を惹く人や物に対する反応を敵意あるものではなく、できるかぎり友好的なものにせよ。」

人生への熱意を取り戻し、もっとしなやか、かつ楽しく有意義に生きていくためにも役立ってくれそうな、ラッセル流の幸福への処方箋。ぜひとも、多くの人に読まれてほしいと願います。そしてわたし自身も、思考と視野が狭くなっているようなときには本書に立ち返り、精神の糧としていきたいとも思います。
『幸福論』を取り上げる『100分de名著』の放送は、きょう11月6日からです。どのような切り口で紹介されるのか、楽しみに観てみることにしたいと思います。

Posted from スタッフ押川

コメント(0)

子どもと一緒に本を楽しむ秘訣を親しみやすく伝える、読書教育指南書&ブックガイド『子どもを本好きにする10の秘訣』

2017年10月20日


またまたご無沙汰しておりました。スタッフ押川であります。

「もう小学生になったんだから、絵本は卒業ね」「読み終わったの?じゃあ、どんな話で、どう思ったのかを説明してみて」「途中でやめるの?一度読み始めたんだから、最後まで読みなさい」「またそれ読んでるの?いい加減、ほかのを読んだら」・・・
本好きな子どもになって欲しいがために、ついつい口にしてしまう上のようなことば。実はこれらのなにげないひと言こそ、子どもをかえって本嫌いにさせてしまう「NGワード」なのだということを指摘するのが、今回ご紹介する『子どもを本好きにする10の秘訣』(高濱正伸・平沼純著、実務教育出版、本体1400円)です。

本書は、本好きな子どもに育ってもらうために必要な考え方や役立ちそうなノウハウを、親しみやすい語り口で伝えてくれます。子どもがいない・・・どころか結婚する見込みすらない(苦笑)わたしですが、読んでいて大いに共感したり、参考になるところの多い一冊でした。

冒頭に挙げたようなことばが、子どもを本嫌いにさせてしまう原因について、著者は「本というものをあまりにも短絡的に、何らかの学習の手段=『教具』として考えすぎてしまっているからだ」と指摘します。
そして、重い障がいを持って生まれながらも、たくさんの絵本を両親から与えられ、それらを楽しんだことで高い言語能力を伸ばすことができたニュージーランドの少女、クシュラの例を引きながら「あくまで『楽しさ』を根底に据えてこそ、結果的に学びとなるものが多くなる」と説き、読書を何かの「手段」ではなく、それ自体を「目的」として、子どもと一緒になってひたすら楽しむことに徹することを提案します。この姿勢に、まず強く共感いたしました。

子どものための本選びについても、実に有益なアドバイスを与えてくれます。
たとえば「おやつの本」と「ご飯の本」の話。「おやつの本」とは、「見た感じはなんとも人目を引くような作り」で「中身はたしかにさまざまな事件や出来事が起きて勢いよく読める」けれども「一生ものの栄養になるようなものは得られない」本のこと。それに対して「ご飯の本」は、「子どものためにとことん考え抜かれた作りになっていて、物語世界にどっぷりと浸ることができ、一生の栄養になるような骨太な力を得られる本」であると定義します。
その上で、「ときには『おやつの本』があってもいいと思います。しかし、大切なのはバランス」だとして、時代を越えて読みつがれてきた、歯ごたえのあるロングセラーである「ご飯の本」の楽しさを子どもたちに知ってもらいたい、と熱っぽく語ります。

また、大人目線での「泣ける話」を子どもに押しつけないで、という主張にも共感いたしました。大人の側が「子どもに大切なことを教えるために本を読ませよう」と意気ごむことで、本を読むことが途端に「道徳的義務」と化してしまい、その結果子どもは本からますます遠ざかっていく、と著者はいい、「子どもたちに必要なのは『感傷』ではなくて『感受性』」だと力説します。

最後の章では、読書によって身につく「9つの力」について詳しく述べられています。インターネット検索では得られない時空を越えた「知恵」や、見えないものをイメージする「想像力」、自分とは違う多様な価値観への気づき・・・。とりわけ、「一冊の本をとおして、直接的にも間接的にもさまざまな『つながり』が生まれる」という話には、しみじみと希望が湧いてくるのを感じました。
そういった、読書によって得られるものの大切さを説く一方で、著者はあえて「本とは決して『読まなければならない』ものではない」とも主張します。「『読書のための読書』になるのは避けるべきであり、『いい本を読む』よりも『いい人間になる』ことのほうがはるかに大切なのは、言うまでもありません」と、読書が必ずしも万能ではないということを述べるところにも、著者の読書に対する確かな哲学が感じられました。

そして本書の目玉ともいえそうなのが、著者が「自信をもっておすすめできる」という291冊の絵本、児童書を8つの分野に分け(一部を除いて)表紙の写真や簡単な概要とともに紹介したブックリストです。
日本と世界の昔話や神話、『ピーターラビットのおはなし』『はてしない物語』『あしながおじさん』『西の魔女が死んだ』といったド定番作品から、知る人ぞ知る名著まで。いずれの作品も、子どもはもちろん大人も楽しめそうなラインナップとなっていて、本選びの参考になりそうです。

読書教育の指針としてだけでなく、本と読書に対するしっかりした考え方に裏打ちされた読書論やブックガイドとしても読むことができる本書。子どものいる親御さんはもちろん、子どものいない方にもオススメしておきたい一冊であります。

余談ながら、本書の存在をわたしに教えてくれたのは、当店の同僚女子であります。本書を教えてくれたことに感謝するとともに、このような良書の存在を見出したことに深く敬意を覚えるのであります。

コメント(0)

短い言葉に込められた、人生をより良く生きるための知恵の数々『ふりまわされない。』

2017年04月07日

またも長いこと、ご無沙汰してしまっておりました。スタッフ押川であります。
ここしばらく、新年度用の教科書類に関わるお仕事などで大忙しだった当店ですが、どうにかこうにか腰を痛めることなく乗り切れましたし(笑)、ちょっとだけ時間的な余裕も出てきましたので、開店休業状態だったこのブログを再起動したいと思います。
どうかこれからも、お付き合いいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

さて。『子連れ狼』をはじめとする多数の漫画原作を手がけておられる小池一夫さんのアカウント( @koikekazuo )を、わたしはTwitterを開始して間もない頃からずっとフォローさせていただいております。ほぼ毎日のように発信されている小池さんのツイートには、日々を生きる上で助けとなってくれそうな言葉が数多くあって、わたしもそれらの言葉には大いに励まされるとともに、自分を見直すための糧ともなっております。
小池さんがこれまでTwitterで発信したツイートから300の言葉を選び、テーマごとに編集して一冊にまとめたのが、この『ふりまわされない。 小池一夫の心をラクにする100の言葉』(ポプラ社)です。

人間関係からくる悩みや疲れ、気持ちをかき乱す負の感情、意欲の低下・・・などなど、生きていく中で生じるさまざまな問題について、率直かつ平易な言葉で語りかけたツイートの数々。Twitterで見そびれていたお言葉はもちろん、すでにTwitterで目にしたお言葉もじっくりと読み直すことができ、胸に響くものが多くありました。

わたしにとって、とりわけ胸に響いてきたのが、「感情」との向き合い方について語ったツイートでした。もともと感情に振り回されるタチだったことに加え、加齢のためなのか(苦笑)いささか猜疑心らしきものが強くなってもいる最近のわたしにとって、感情のコントロールがうまくできないことは少なからず悩ましいことでもあります。
そんなわたしに沁みてきたのが、こんな言葉でした。

「イライラしたり、気持ちが荒ンでしまったときの僕の対処法がある。
負の感情に行動が引きずられるのではなく、その順序を逆にするのだ。
まず、なるべく心が楽しくなるような行動を起こして、感情を楽しいほうにひきずっていく。
これは、とても効果的です。」
(註)小池さんのツイートでは「ん」を「ン」と表記します。

ついつい、「負の感情」に引きずられて切り替えができないでいることの多いわたしにとって、この言葉は大いに参考になるように思えました。やっぱり、楽しく生きようという気持ちと工夫が、感情を良いほうに持っていけるんだよなあ。

TwitterなどのSNSなどでことさら、異なる意見や考え方を持つ人を否定したり攻撃したりする向きをよく見かけますが、これについても実に頷けるお言葉が。

「他人を見下したり、攻撃的なツイートする人ってどういう人なンだろうと思って覗いてみると、共通点がある。
『自分の世界が狭い』
自分の狭い世界での意見なので、自分と同じ意見でなくては気に入らない→意見の違う人は攻撃対象だとみなす→礼節を持たない→人に相手にされず、より世界が狭くなる、という悪循環。」

狭い世界に引きこもるばかりの悪循環に陥らずに、自分の世界と思考を拡げていくことで、充実した面白い人生を過ごしたいものだなあ、としみじみ思います。

そして、何かと「生きづらさ」を感じたり、苦しみや絶望にさいなまれている人たちにも、小池さんは気持ちに沁みるようなメッセージを発しておられます。

「五年前の僕の悩みは、ほとンど解決している。
三年前の苦しみは、割といいほうに向かっている。
一年前の大変なことも、どうにかなっている。
絶望は、時間の流れでどうにかなる。
『今』の絶望は、未来では絶望でなくなっていることも多い。
だから、とにかく『今』を乗り切るのだ。」

ついつい過去を振り返ってため息をついたり、いたずらに未来への不安にとりつかれるのではなく、目の前にある「今」をしっかりと生きることの大切さを、この言葉は教えてくれました。

小池さんの発するお言葉には、成功した人間が大所高所からのたまう話にありがちな、ある種の臭みや嫌ったらしさがありません。その語り口は実にストレートかつ等身大で、読み手が誰であっても気持ちにスーッと沁み込むものがあるのではないでしょうか。
新しい物事を自分の中に取り入れ、どんな世代にも伝わるように語りかけようという精神の若々しさと、80年の体験と実感に裏打ちされた、人生をより良く生きるための知恵。それらが渾然一体となっているからこそ、小池さんのお言葉は数多くの方々の胸に届いているのでしょう。

新年度。新しい環境や人間関係に戸惑い、悩むことも少なからずあるのではないかと思います。そういった戸惑いや悩みを抱える方々にも、本書は多くの知恵を与えてくれることでしょう。

コメント(0)

月別アーカイブ

PAGE TOP