高山静子先生の新刊が発売されました。

2017年06月04日

高山静子先生の新刊が小学館より発売になりました。

 ↓↓

manabi.jpg

写真が多く、とても読みやすい本です。

様々な保育スタイルの園が紹介されており、実際に保育室や園庭を見直す時に参考になると思います。

『学びを支える保育環境づくり 〜幼稚園・保育園・認定こども園の環境構成』

著者:高山静子

発行:小学館

定価:2,376円(税込)

コメント(0)

保育環境構成のご提案

2017年05月06日

当社では保育環境構成(お部屋づくり)のご提案をおこなっております!

  • 保育に合わせたお部屋づくり
  • 生活と遊びの家具、おもちゃ、保育用品選び
  • 発達に応じた環境づくり

など、お気軽にご相談ください!
20170506140812.jpg

コメント(0)

フリーペーパー『みやざきママパパhappy』にて絵本のご紹介、始めました!

2017年04月13日

皆さまこんにちは。スタッフ押川であります。今回のブログは、ちょっとしたお知らせを。

子育てについての情報発信やイベントを手がけるなどして、子育てに励むお母さんお父さんを支援しておられるNPO法人「みやざきママパパhappy」さんが、1年に4回出しているフリーペーパー『みやざきママパパhappy』(略称「ミヤマパ」)。今月(4月)初めに配布が始まっている最新号から、不詳、もとい、不肖わたくしが絵本をご紹介するコラムを連載させていただくことになりました!

連載第一弾として取り上げさせていただいたのは、ヨシタケシンスケさんの大ヒット絵本『もう ぬげない』(ブロンズ新社)です。
着ている服が引っかかって脱げなくなってしまった男の子の奮闘ぶりをユーモアたっぷりに描いたこの絵本。見ているだけでなんだか笑いがこみ上げてくる表紙の絵に一目惚れしてしまい、即買いして読んだ作品です。もう最初っから最後まで笑いが止まらない愉快さで、読むとHappyになれること間違いなしの、超オススメ絵本であります。

子どももいなけりゃ、まだ結婚すらしていない(苦笑)わたくしめが、こういった子育てママパパ応援フリペで絵本をご紹介していいんだろうか?という、若干のとまどいというか気おくれというかなんというか・・・があることは否めませんが、子どももオトナもHappyになれるような、楽しくて素敵な絵本を、自分なりにご紹介していけたら、などと思っております。よろしければ、どうぞお目通しになっていただければ嬉しいです。
・・・あ、これはぜひ申し上げておきたいのですが、書き手の紹介にある「けんちゃん」なる文言は、わたくしのほうから「そのように書いといてくれ」とお願いしたワケではございませぬ、念のため(笑)。

この『みやざきママパパhappy』、発行が始まって4月で10周年という、歴史と実績のあるフリペなのです(おめでとうございます!拍手パチパチパチ)。子育てに頑張るお母さんお父さんの紹介や、お役立ち育児情報、子育てサークルなどの紹介など、さまざまな子育て情報がギュギュッと詰まっております。

『みやざきママパパhappy』は、宮崎市を中心に県内14市町で、図書館などの公共施設、子育て支援センター、保育園、病院、スーパーマーケット、商店、飲食店などに配布スポットが設けられております。
まだご覧になってみたことのない皆さまはぜひ一度、お手にとってご覧になってみてくださいませ。

Posted from するぷろ for iOS.

コメント(0)

短い言葉に込められた、人生をより良く生きるための知恵の数々『ふりまわされない。』

2017年04月07日

またも長いこと、ご無沙汰してしまっておりました。スタッフ押川であります。
ここしばらく、新年度用の教科書類に関わるお仕事などで大忙しだった当店ですが、どうにかこうにか腰を痛めることなく乗り切れましたし(笑)、ちょっとだけ時間的な余裕も出てきましたので、開店休業状態だったこのブログを再起動したいと思います。
どうかこれからも、お付き合いいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

さて。『子連れ狼』をはじめとする多数の漫画原作を手がけておられる小池一夫さんのアカウント( @koikekazuo )を、わたしはTwitterを開始して間もない頃からずっとフォローさせていただいております。ほぼ毎日のように発信されている小池さんのツイートには、日々を生きる上で助けとなってくれそうな言葉が数多くあって、わたしもそれらの言葉には大いに励まされるとともに、自分を見直すための糧ともなっております。
小池さんがこれまでTwitterで発信したツイートから300の言葉を選び、テーマごとに編集して一冊にまとめたのが、この『ふりまわされない。 小池一夫の心をラクにする100の言葉』(ポプラ社)です。

人間関係からくる悩みや疲れ、気持ちをかき乱す負の感情、意欲の低下・・・などなど、生きていく中で生じるさまざまな問題について、率直かつ平易な言葉で語りかけたツイートの数々。Twitterで見そびれていたお言葉はもちろん、すでにTwitterで目にしたお言葉もじっくりと読み直すことができ、胸に響くものが多くありました。

わたしにとって、とりわけ胸に響いてきたのが、「感情」との向き合い方について語ったツイートでした。もともと感情に振り回されるタチだったことに加え、加齢のためなのか(苦笑)いささか猜疑心らしきものが強くなってもいる最近のわたしにとって、感情のコントロールがうまくできないことは少なからず悩ましいことでもあります。
そんなわたしに沁みてきたのが、こんな言葉でした。

「イライラしたり、気持ちが荒ンでしまったときの僕の対処法がある。
負の感情に行動が引きずられるのではなく、その順序を逆にするのだ。
まず、なるべく心が楽しくなるような行動を起こして、感情を楽しいほうにひきずっていく。
これは、とても効果的です。」
(註)小池さんのツイートでは「ん」を「ン」と表記します。

ついつい、「負の感情」に引きずられて切り替えができないでいることの多いわたしにとって、この言葉は大いに参考になるように思えました。やっぱり、楽しく生きようという気持ちと工夫が、感情を良いほうに持っていけるんだよなあ。

TwitterなどのSNSなどでことさら、異なる意見や考え方を持つ人を否定したり攻撃したりする向きをよく見かけますが、これについても実に頷けるお言葉が。

「他人を見下したり、攻撃的なツイートする人ってどういう人なンだろうと思って覗いてみると、共通点がある。
『自分の世界が狭い』
自分の狭い世界での意見なので、自分と同じ意見でなくては気に入らない→意見の違う人は攻撃対象だとみなす→礼節を持たない→人に相手にされず、より世界が狭くなる、という悪循環。」

狭い世界に引きこもるばかりの悪循環に陥らずに、自分の世界と思考を拡げていくことで、充実した面白い人生を過ごしたいものだなあ、としみじみ思います。

そして、何かと「生きづらさ」を感じたり、苦しみや絶望にさいなまれている人たちにも、小池さんは気持ちに沁みるようなメッセージを発しておられます。

「五年前の僕の悩みは、ほとンど解決している。
三年前の苦しみは、割といいほうに向かっている。
一年前の大変なことも、どうにかなっている。
絶望は、時間の流れでどうにかなる。
『今』の絶望は、未来では絶望でなくなっていることも多い。
だから、とにかく『今』を乗り切るのだ。」

ついつい過去を振り返ってため息をついたり、いたずらに未来への不安にとりつかれるのではなく、目の前にある「今」をしっかりと生きることの大切さを、この言葉は教えてくれました。

小池さんの発するお言葉には、成功した人間が大所高所からのたまう話にありがちな、ある種の臭みや嫌ったらしさがありません。その語り口は実にストレートかつ等身大で、読み手が誰であっても気持ちにスーッと沁み込むものがあるのではないでしょうか。
新しい物事を自分の中に取り入れ、どんな世代にも伝わるように語りかけようという精神の若々しさと、80年の体験と実感に裏打ちされた、人生をより良く生きるための知恵。それらが渾然一体となっているからこそ、小池さんのお言葉は数多くの方々の胸に届いているのでしょう。

新年度。新しい環境や人間関係に戸惑い、悩むことも少なからずあるのではないかと思います。そういった戸惑いや悩みを抱える方々にも、本書は多くの知恵を与えてくれることでしょう。

コメント(0)

月別アーカイブ

PAGE TOP